気をつけたいエステサロンに必要な衛生管理

気をつけたいエステサロンに必要な衛生管理

エステサロンでは、真心のこもったサービスや施術スキルが大切です。しかし、お客様に「もう一度利用したい」と思っていただくためには、それだけでなく、サロンの衛生管理にも気をつける必要があります。

衛生管理の大切さ

衛生管理の大切さ

エステサロンでは、徹底した衛生管理が求められます。それは、接客・サービス業における顧客満足度を示す「QSC」のC(クレンリネス/清潔さ)にも挙げられるほど、重要視されています。とくに、エステサロンは女性をターゲットとしたサービスが多いため、サロンの雰囲気や清潔さがお客様の心を掴む材料の一つとなります。また、ボディケアや角質ケア、リンパドレナージュなど、肌に直接触れる施術が多いことも衛生管理が重視される理由の一つです。
お客様に極上のリラクゼーションを提供するためにも、日頃から衛生管理に気を配り、癒しの空間を演出しましょう。

衛生管理のポイント

● 十分な換気を行う

リラクゼーションサロンでは、窓のない個室空間を設けているところも多く、ニオイがこもり、湿度が高くなる傾向にあります。ニオイや湿気でお客様に不快な思いを与えないためにも、十分な換気が行えるような設備を用意しておくことが重要です。

● 消毒や除菌の徹底

手技によって施術を行うので、セラピスト自身の消毒・除菌も重要です。日頃から手洗い・うがい、手指の消毒を徹底してください。とくに、施術前後の手洗い消毒は必ず行いましょう。

● 器具・用具類は常に清潔に

施術で用いる器具類は常に清潔さを保つため、ゴム手袋を着用して使用前後には洗浄と消毒を行ってください。また、タオルなどの布類はシミや汚れが無いようにし、器具や用具を保管する場所は密封出来る方がより清潔感が生まれるでしょう。

● 使い捨て用品を活用する

お客様が使うものや直接肌に触れるものは、使い捨て用品を活用することをおすすめします。ネットショップでも、ショーツやブラ、スリッパ、ピローシートなど様々な使い捨て用品を購入出来ますので、コストや施術内容を考慮した上でご検討ください。

● 定期的な清掃と点検

OPEN前の念入りな清掃と点検はもちろん、業務中も必要に応じてチェックすることが大切です。トイレやシャワールームなどの水廻りはとくに汚れやすい場所になりますので、1日に数回清掃・点検を行うよう心がけましょう。

● 身だしなみを整える

サロン空間を清潔に保つことはもちろん、セラピスト自身の身だしなみも衛生管理の一つです。施術者の印象はサロンのイメージに大きく影響しますので、「髪はまとまっているか」「爪は伸びすぎていないか」「制服は汚れていないか」などをチェックし、清潔感のある身だしなみを保ちましょう。

当スクールでは、リラクゼーションを提供出来るセラピスト(癒す人)の育成スクールを開講しております。衛生管理の知識はもちろん、バリニーズアロマやリンパドレナージュ、ヘッドマッサージ、リフレクソロジーなど、様々な施術方法を指導いたします。多くの方々に受講してもらえるよう、岡山ならではのリーズナブルな受講料を設定しておりますので、是非ご興味のある方はお問い合わせください。