サロン開業にかかる費用について

サロン開業にかかる費用について

サロン開業を夢見ている方にとって、心配となってくるのがサロン開業にかかる費用ではないでしょうか。サロン開業にかかる費用は、開業の形態によって必要となる金額が異なります。

店舗を建てる場合

店舗を建てる場合

一般的な開業方法として挙げられ、自分の思い描く店舗が作れる、新規のお客様を獲得しやすいなどのメリットがあります。
この方法の注意点として、例えスタッフの人数が少ない店舗であっても、敷金・保証金といった物件取得費、内外装工事費など、備品や広告以外にも様々な費用が必要となることです。物件取得費や店舗工事費などは、地域や現場の状況によって異なるため、この方法で開業を目指す方は、しっかりとリサーチをすることをおすすめします。

テナントを借りる場合

テナントを借りる場合

テナントを借りてサロンを開業する場合、保証金や備品、内装費などが必要となります。保証金は、家賃1年分必要となることもあるので注意が必要です。テナントを借りた場合、施設と共同で集客が出来るというメリットがあります。

また、一般的な店舗を借りるよりも、開業に必要な資金を抑えることが出来るので、リスクが低いという特徴もあります。しかし、場所によっては内装が制限されることもあり、サロンの雰囲気作りが難しくなる場合もあるので注意しましょう。

自宅の一室で開く場合

自宅の一室で開く場合

自宅で開業をする場合、スタッフを雇わずに自分1人だけで開業をすることで、人件費を抑えられる上に、備品や広告費など、必要最小限の費用だけで済ませることが出来ます。
この方法で開業をする場合の注意点は、店舗としての店構えを持てないため、集客に苦労する可能性があるということです。そのため、自宅で開業をする場合は、広告が特に重要となります。

サロンの開業を目指している、もしくはセラピストとしての技術を学びたい方は、当スクールにご相談ください。岡山にある当スクールでは、バリニーズアロマやヘッドマッサージなどの技術を学ぶことが出来、サロン就職も全面的に支援しています。

また、独立・開業のサポートもしており、ホームページやチラシの作成、物件探しなど、あなたの夢を全力で応援します。